Thailand

ホリデーに入り父と、どこに行こうか相談してタイに行くことになりました。

飛行機でシンガポールまで行きそのあとプーケットまで、合計約12時間かかり、「日本に帰れる」と思っていたら、以外と思ったより早く着きました。乗り換えでプーケット便まで間に合わなさそうでしたが、降りるとスタッフに車で送ってもらい、ギリギリで搭乗することができました。 プーケットに着いたら父が待っていました。父とタクシーに乗ってホテルまで行く途中、旅行会社に寄っておばさんにアクティビティを買わないかと言われ必要ないよと言っても、激しく父に接客するのをみて、言い方は悪いですが、この島は観光客からカネをむしり取ってお金が回っているんだなと思いました。ホテルに着くと大きなプールがあり驚きました。

父と釣りに二回行きました二回とも、メインはトローリングでした。大きな船の時は酔い止めを飲まなかったので具合がかなり悪くなり、ずっと戻していましたが小さい船の時はしっかり酔い止めを飲んだので戻さなかったです。トローリングではほぼ、ノーヒットでしたが、小型ボートのトローリングで小さいマグロが釣れました、トムヤムスープにして食べましたが美味しいブイとあまり美味しくない部位の差が凄かったです。

プーケットはすごく人が優しく、食べ物も美味しいですが、僕の初めての東南アジアという事もありますが、貧富の差に少しショックを受けました。街の端で花を売っているおばあさんや、道端でタバコを売っている若者を見て、何か感じるものがありました。

あまり書きたくはないですが、僕は携帯を海に落としました。防水ケースに入れて首から掛けていたら大きな波にのまれ頭から落ちた時に止めてあったクリップが外れ、引潮が強かったのでそのまま海に流されました。かなりショックを受けましたが、父がそのあとすぐにiPhone 7を買ってくれました。happy

色々な事思い出を作ることができて、とても面白い旅になりました。機会があればまた行きます。

広告を非表示にする

趣味

最近はAFLをwinterスポーツでやっている。

AFLを始めて気づいたことはクライストチャーチはとても狭いと言うことだ。

同じチームにタトゥーがたくさん入っていて、人をすぐ殴ってしまうおじさんがいる。その息子にこの間の試合で初めて会った時、なんか見たことがあると思っていたらあっちから声をかけて来て「お前俺が殴った時にいたやつだろ」って言われて、なんのこと言ってんだこいつと思って、最初はよくわかんなかったが話を聞いていく中でだんだんわかってきて思い出した。ずっと前にラグビーの試合で仲間と相手が殴り合った時に、飛び出して来たお父さんがいてチームメイトのお父さんと相手のお父さん同士で今度は喧嘩になったことがあった。その時にいたのが今同じチームの前相手チームにいた、タトゥーがたくさん入ったおじさんとその子供ということを理解してすごくニュージランドが狭いと思った。

広告を非表示にする

シルクドソレイユ

先週の木曜日にシルクドソレイユを見に行きました。

僕は小さい時に見たことがあるらしいのですが、僕の記憶にはあまり明確に残っていませんでした。劇の前父と、この前に行った中華料理屋の前の南米系の料理屋に行ってブリトーを食べました。意外とそれが美味しくて驚きました。

今回のシルクドソレイユは映画のアバターをイメージして作られていましたが、僕はアバターを見たことがなく、誰がどの役かを知らないので全員同じキャラクターに見えました。

劇では綺麗なバク転やブーメランを巧みに操ったりと、とても常人にはできない技の数々を見ることができましたが、正直な感想を言うと、とても面白いですが、あまり派手ではないパフォーマンスでした。

貴重な体験ができて楽しかったです。

広告を非表示にする

AFL

最近AFLをやってみたいと思い友達のチームでAFLオーストラリアンフットボールを始めた。ラグビーとは全くもって違いパスも下投げではなくボールを下からパンチしたりキックしたりしてゴールに入れる、ラグビーというよりかはバスケとサッカーを混ぜた感じのスポーツだということに気がついた。あととてもゲームの時間が長く20分4ラウンドとなかなかタフなゲームだ、あと展開がものすごい遅いので見てるぶんにはものすごくつまらないと思った。僕のポジションは右ミッドフールダーで走ってボールをキャッチして前線にボールをつないだり、相手のボールをカットしたりとなかなか大変なポジションだったがなかなかやりがいがあって面白かった。今週末も試合があるので点を決めてみたい。

f:id:ukits:20170829192557j:plain

広告を非表示にする

体調

先週末から喉が痛いと思い始め、37.0度の中試合に出て、ただの微熱で終わると思っていたが、次の日熱は下がらず、39.0度まで発熱してしまい四日間寝たままで、木曜日から学校に行けるようになったが今もまだ鍛や鼻づまりなどがひどい。

最近目が痒くてくしゃみもよくするのでどうしたのかなと思って、よくよく考えてみると花粉症の季節だった。薬を飲んで目薬をさして、今後は体調管理に気を付ける。 

広告を非表示にする

嬉しい勝利

先週の試合は前回一点差で敗戦したビーズとの試合だったので、

コーチやチームメイト、みんな気合が入っていて前半早々先制点を挙げた後でも、後半まで気持ちが切れずによく集中して出来ていたと思う。僕はSFと後半FBをやった、体を貼った献身的なプレーや裏へ抜け出してのオフロードで2アシストをすることが出来たが反省点も多く、裏へ抜け出したあとに視野が狭くなってしまう癖がまだなかなか修正できない。ボールをもらう前、裏へ抜け出したあとに一度顔を上げるのを忘れないで、決勝戦に臨みたい。

 

 

 

 

 

 

 

僕はずっと気になっていた答えを見つけたきがする。

If you can't find something to live for, you best find something to die for.

広告を非表示にする

悔しい敗北

昨日グループ戦最終節があった。

相手はビーズ今まで2戦2勝できたので余裕と思っていた自分がバカだった。

前半30秒右サイドが空いたと思って走ったら誰もいなくてそのままトライすることが出来てこのままハットトリックしてやろうと思っている間に一本”するっと”

 

ラック側抜かれてトライされた後は、ずっと自陣から抜け出せずに苦しんでいたが大外が空いて2、3本トライを前半にすることが出来た。

後半はポジションはウィングになった。風がかなり強めに吹き出してなかなか外までいいパスが回らなくなってきて、そこの間にインターセプトをされた、そのあとに相手の方に流れが言ってしまい立て続けにトライを三本取られた。相手がラックに回り込んでボールを取ってくるので僕たちは必死にアピールするが、レフリーはそれを何本も流して見ていたので僕たちがボソッと悪口を言ったのが悪かった。完璧にレフリーがあっち側に向いてしまった。そこから相手チームのペナルテーばかりでゲームにならないような形で試合が終わってしまった。

今回、自分的にはいいプレーが多かったがチームが負けてしまったので意味がない。

来週はもう一度同じチームとの準決勝、負けたら今シーズンはもう終わってしまうので絶対に勝たなくてはいけない。

 

 

f:id:ukits:20170806170240j:plain

 

広告を非表示にする