Thailand

ホリデーに入り父と、どこに行こうか相談してタイに行くことになりました。

飛行機でシンガポールまで行きそのあとプーケットまで、合計約12時間かかり、「日本に帰れる」と思っていたら、以外と思ったより早く着きました。乗り換えでプーケット便まで間に合わなさそうでしたが、降りるとスタッフに車で送ってもらい、ギリギリで搭乗することができました。 プーケットに着いたら父が待っていました。父とタクシーに乗ってホテルまで行く途中、旅行会社に寄っておばさんにアクティビティを買わないかと言われ必要ないよと言っても、激しく父に接客するのをみて、言い方は悪いですが、この島は観光客からカネをむしり取ってお金が回っているんだなと思いました。ホテルに着くと大きなプールがあり驚きました。

父と釣りに二回行きました二回とも、メインはトローリングでした。大きな船の時は酔い止めを飲まなかったので具合がかなり悪くなり、ずっと戻していましたが小さい船の時はしっかり酔い止めを飲んだので戻さなかったです。トローリングではほぼ、ノーヒットでしたが、小型ボートのトローリングで小さいマグロが釣れました、トムヤムスープにして食べましたが美味しいブイとあまり美味しくない部位の差が凄かったです。

プーケットはすごく人が優しく、食べ物も美味しいですが、僕の初めての東南アジアという事もありますが、貧富の差に少しショックを受けました。街の端で花を売っているおばあさんや、道端でタバコを売っている若者を見て、何か感じるものがありました。

あまり書きたくはないですが、僕は携帯を海に落としました。防水ケースに入れて首から掛けていたら大きな波にのまれ頭から落ちた時に止めてあったクリップが外れ、引潮が強かったのでそのまま海に流されました。かなりショックを受けましたが、父がそのあとすぐにiPhone 7を買ってくれました。happy

色々な事思い出を作ることができて、とても面白い旅になりました。機会があればまた行きます。

広告を非表示にする

趣味

最近はAFLをwinterスポーツでやっている。

AFLを始めて気づいたことはクライストチャーチはとても狭いと言うことだ。

同じチームにタトゥーがたくさん入っていて、人をすぐ殴ってしまうおじさんがいる。その息子にこの間の試合で初めて会った時、なんか見たことがあると思っていたらあっちから声をかけて来て「お前俺が殴った時にいたやつだろ」って言われて、なんのこと言ってんだこいつと思って、最初はよくわかんなかったが話を聞いていく中でだんだんわかってきて思い出した。ずっと前にラグビーの試合で仲間と相手が殴り合った時に、飛び出して来たお父さんがいてチームメイトのお父さんと相手のお父さん同士で今度は喧嘩になったことがあった。その時にいたのが今同じチームの前相手チームにいた、タトゥーがたくさん入ったおじさんとその子供ということを理解してすごくニュージランドが狭いと思った。

広告を非表示にする

シルクドソレイユ

先週の木曜日にシルクドソレイユを見に行きました。

僕は小さい時に見たことがあるらしいのですが、僕の記憶にはあまり明確に残っていませんでした。劇の前父と、この前に行った中華料理屋の前の南米系の料理屋に行ってブリトーを食べました。意外とそれが美味しくて驚きました。

今回のシルクドソレイユは映画のアバターをイメージして作られていましたが、僕はアバターを見たことがなく、誰がどの役かを知らないので全員同じキャラクターに見えました。

劇では綺麗なバク転やブーメランを巧みに操ったりと、とても常人にはできない技の数々を見ることができましたが、正直な感想を言うと、とても面白いですが、あまり派手ではないパフォーマンスでした。

貴重な体験ができて楽しかったです。

広告を非表示にする

泳ぎ釣り

月曜日の早朝から泳ぎ釣りに行ってきた。

泳ぎ釣りというのは文字どうり泳ぎながら魚を釣る面白い釣りです。

父はカサゴを二匹釣っていました。

僕にもヒットはありましたが合わせるタイミングがとても難しくて結局一匹も釣れませんでした。

泳ぎ釣りはとても楽しい釣りですが、ずっと海の中にいるので体力を消耗しやすいです。

泳ぎ釣りが疲れたのでモリで魚を突いていたらお父さんがモリを貸せと言ってきて、

水面下から巨大なウツボが出てきました。

ウツボは突かれるとモリの周りに巻きついてものすごい勢いで抵抗してるのを見て強い魚だと思いました。陸で首元を突いて絞めても自分の体を噛んで抵抗してるのを見ると生命力の強さに恐ろしくなりました。

家に帰って食べてみると弾力があり淡白で見た目とは全く違う味で驚きました。

でも、次見つけても突かなくてもいいよねと父と話しました。

広告を非表示にする